ぽっちゃりデブ専ドットコム

優良サイトと悪質サイトの見分け方

デブ専の出会い系サイトやSNSはたくさんありますが、その全てが優良なちゃんとしたサイトというわけではありません。
良いサイトに巡り合えば当然その先には素敵な出会いが待っています。
しかしその逆に悪質なサイトに出会ってしまった場合、出会えないどころか、サクラ相手にひたすらメールをしてお金ばかり取られるという結果になってしまいます。
それだけで済めばいいのですが、悪質サイトの怖いところはこの先にあります。
一つの悪質サイトに登録してしまうとその他の悪質サイトにメールアドレス等の情報を売られてしまうのです。
そうすると登録した覚えのないサイトから朝から晩までひっきりなしに迷惑メールが届くことになるのです。
そして迷惑メールを送ってくるアドレス一つ一つを受信拒否にしてもあまり意味がありません。受信拒否にされたと分かると別のメールアドレスでどんどん送ってくるのです。
その他にもいつの間にかサイトの利用料金が後払いになっていて、気が付いたらすごい金額の請求が来てしまったり、退会したいと連絡をしても退会させてくれなかったりと、悪質サイトはありとあらゆる手を使ってお金を搾り取ろうとしてきます。
このような被害にあわないためには予め自衛をする必要があるのです。
でも自衛なんてどうすればいいの?という人もいるでしょう。
そこで簡単にある程度見分けることができる方法を紹介します。

まずはサイトにアクセスしたとき最初に確認しなければいけないのがサイト名です。
あからさまに卑猥なタイトルのサイトがたまにありますが、果たしてそんなサイトに女性が登録するでしょうか?
そんなサイトに登録する女性がそうそういるとは思えませんし、いたとしてもかなり変わった人でしょう。
そういった卑猥なタイトルのサイトは悪質サイトである可能性が非常に高いとみて間違いありません。

次に利用規約を確認しましょう。
優良なサイトというのは利用規約がしっかりしており、そこに利用料金に関する事、退会に関する事などが細かく記載されています。
特に利用料金と退会方法について触れていないサイトはまず間違いなく悪質サイトであると考えて問題ありません。
それと同時に会社概要を確認することも非常に重要です。
会社名が●●運営事務局等のようにきちんと書かれていなかったり、住所が番地、ビル名まで書かれていなかったり、問合せ先がが書かれていないサイトは避けましょう。
基本的に有料サイトの場合、問合せ先として電話番号かメールアドレスのどちらかを記載しなければいけない決まりになっているので、それを記載していないサイトは信用してはいけません。

次に上記に問題がなく登録してしまった場合についてです。
まず登録して数分で異性からメールが届くサイトはかなり危険だと言えます。
もちろん可能性は0ではないのですが、登録したからと言ってそんなに都合よく異性からメールが来るなどということは、ほぼあり得ないことなので、注意しましょう。
そして登録した時に複数のサイトに同時に登録されてしまうサイト、この場合も悪質サイトであると見ていいでしょう。
このパターンは無料サイトに多く、完全無料と言って釣っておき、有料サイトに登録させることが目的なのです。

好みの異性を見つけてメールを始めてからも注意が必要です。
何となくメールがかみ合わなかったり、こちらが返信をやめてもひたすらメールを送ってくる、このような場合はサクラである可能性が非常に高いでしょう。
それ以前に返信をしていないのにひたすらメールを送り続けてくるような人が実際にいたとしても、そんな人とは実際に会わない方がいいんでしょうが。
最後に携帯電話のアドレスや番号を聞くとかわされてしまったり、会う約束をしたにも関わらず直前にドタキャンされたりといった経験はありませんか?
お互いにメールアドレスを交換した方がお金がかからないのにメールアドレスを教えてくれないなんてことあるでしょうか?
何度会う約束をしてもドタキャンされるなんてことそうそうないと思いませんか?
これはサクラがよくやる手口だそうです。そうやってお金を使わせようとするんですね。

これらに気をつけてサイト探しをしてみると、結構簡単に優良サイトに巡り合えるはずです。
これからの出会い系サイト探しに是非役立ててください。

この投稿のトラックバックURL:

Facebookでコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

è